院 内 学 級 と は

 「病弱、身体虚弱の児童及び生徒のために設置された特別支援学級」のうち、病院内に設置されたものを通称「院内学級」といいます。
 ひまわり分校は、市立札幌病院に入院・加療中の児童・生徒がお医者さんの許可の下、転校手続きを経て通う学校です。
札幌市内には、北海道大学病院、北海道社会保険病院にも院内学級があります。
病弱の養護学校として、山の手養護学校(北海道医療センター)があります。
特徴としては
 (1)時間割の柔軟な編成と指導内容の精選
 (2)医療との連携を密にし、前籍校と連絡を取り合いながら指導計画作成
 (3)個別指導や複式授業など個に応じた指導
 (4)体験学習の重視
 (5)学習活動の幅を広げるために情報通信機器の積極的な利用
 (6)小・中合同の活動
 (7)自己有用感を高められるような指導内容
などがあげられます。